就活に学歴は必要?学歴フィルター?マーチ未満から大手内定?

 就活生の中には自分の学歴について自信がない人がいると思います。今更学歴に自信がないからと言って、受験し直して大学に行くのはあまり現実的ではありません。その学歴で就活をやりきらなければなりません。

結論から先に言うと、就活に学歴は必要、学歴フィルターも間違いなく存在するし、マーチから大手内定は余裕です。

 学歴フィルターとは、”例えば東大のアカウントだと説明会を予約できるのに早稲田や青学じゃ満席と表示されたり、学歴欄のみで書類選考が行われること”です。大手就活サイトで実装されています。ただし、早稲田や青学が必ずしもその会社の説明会に参加できないか、というとそうではありません。違う枠の説明会(例えば上位国立だけの説明会、早慶上智だけ、マーチだけなど)に誘導されるために実装されていることもあります。あとは説明会の予約をできる期間を学歴フィルターで設定しているタイプなどもまれにあります。また大手では一般的に学歴ランクごとに採用枠があり、その枠をうめるように採用をします。つまり、就活の本当のライバルは同ランク大学の就活生、もっと言えば同じ大学の友達です。

大手に行くのに必要な学歴は?

私が見聞きした学歴フィルターで厳しいと感じたものは以下の2つです。

1.某外資系コンサルのインターンの「上位旧帝+慶應」フィルター

2.商船三井の「旧帝+早慶」フィルター

 もちろん、ノンフィルター枠が多少ある企業もあるとは思いますが、そこは超難関(高倍率)、しかし学歴が足りない人が該当企業に入りたい場合はそこを目指すしかありません。

 ではどれくらいの学歴があれば大手を目指せるのでしょうか、それはずばりマーチ上位、明治ぐらいの学歴があれば大手企業、例えば日経225のどこかには入れるだろうというレベルです。もちろん理系研究職メインでしかほとんどとらない企業など採用枠の絶対数が少ない会社にマーチクラスの文系が出してもほとんど落とされるでしょうが、一定数の数を取る大手なら十分内定のチャンスはあります。慶應や旧帝ぐらいあれば不利なことはほぼありません。一部の外資系金融などで全く有利になりませんが結局受ける人が慶應や旧帝ぐらいしかいないという事が多いですね。
 もちろん法政やそれ未満の大学でも大手に入った人はいますが絶対数がめちゃくちゃ少ないです、マーチ未満は本当に少ないです。入ってしまえば資格試験を取るなどすればほとんど関係ですが、入るまでがやはり学歴は効いてきます。

 社会に出て思うことですが、大手企業ほど本当に慶應が強いです。慶應OB会は三田会といいますが、伝統のある日系大手企業であれば各会社の中に慶應閥の派閥がそれぞれの名前であったりします。”早慶”とひとくくりに言われますがそこには明らかな差が有ります。三菱東京UFJ銀行でも役員を見ると、慶應卒は14人、早稲田卒は1人ですから、三田会の力が人事にも影響していると思われます。

どうして学歴フィルターは存在するのか

 これは簡単に言うと、効率よく採用活動を行うためです。最近の就活は就活生もは数十社を超える企業にESを出すのが普通になってきています。また上位の大学生ほど多くの企業に応募する傾向が強いようです。そのため、大手企業では大人数の多くの就活生、特に文系就活生が応募してきます。全員のESに目を通し書類選考を行うことは就活生からすれば理想的ですが、企業側にも採用活動にあてている予算内でやりくりしなければなりません。そのため、全員のESを熟読することは効率が悪いといえます。そのため。効率よく採用する基準として学歴によって分けているのです。

 ”学歴でフィルターをかけることは本当に理にかなっているのか、本当の能力を見ろ”

 時々このように言う人がいますが、じゃあ何をもって多くの凡人就活生たちを選別すればよいのでしょうか。特異な実績を学生時代に残した人であれば別ですが、その他大勢の就活生は凡人なのです。そういった凡人をフィルタリングするには学歴が最も効率的なのではないでしょうか。学歴がある程度の論理力や勉強ができる能力を保証してくれていると考えるとは至極当然です。

地方旧帝はお買い得?

 地方旧帝大(北大、名大、東北大、九大)は神戸大学や横浜国立大学、千葉大学といった上位国立大と変わらない、もしくはそれらの大学より簡単(偏差値の低い)学部があります。

就活には枠があるという話をしました。地方旧帝大は旧帝枠や、地方枠になることが多いです。地方枠だと実質その地方の旧帝大が最強なので、同じような偏差値の上位国立に進学するよりも大手に行きやすかったりします。関東圏の上位国立はランク群も同じ、地方も同じで枠の取り合いという意味では地方旧帝に比べ確実に倍率が高いです。

そのため、地方旧帝は大手へ就活するという観点からみた場合、お買い得大学だといえるでしょう。

 実際には、地方からの就活は移動に時間もお金もかかるので、首都圏の学生に比べ、受けられる企業数がどうしても物理的に限られてしまいますので、その点を加味するとどちらが良いかは難しいところです。

 

学歴フィルターに引っかかっても面接を受ける方法

 説明会に参加しないと参加できないタイプの選考フローの場合で、[満席]と表示されてしまった場合、そのままでは選考フローに進むことができません。

 では、学歴フィルターに引っかかってしまった場合、もうその企業にはチャレンジすらできず、就職できないのでしょうか?。
答えはできます。私の知人で、マーチ未満の私立文系(しかも+2の年齢)から大手不動産ディベロッパーに就職した人がいます。彼は学歴フィルターで説明会にWebからの予約はできなかったものの、直接採用担当者に連絡をとり、特別に説明会に参加させてもらい見事内定を勝ち取りました。

 すべての業界がそうだとは限りませんが、学歴がなければ行動なある人より行動すればよいのです。

 就活期間のたった数か月間頑張るだけで、高学歴な人たちと同じ会社に行けるのです。就活は立った数か月頑張るだけでワンランク上の大学生たちがメイン層の会社に行くことができます。これほど行動することが価値を生み出す機会は起業家でもない限り、就活の他にはないでしょう。学歴が足りないからと行きたい会社にチャレンジすることを諦めないでください。学歴だけで落とされることももちろんありますが、すべてがそうではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です